少額の資金で大きな利益を生む「レバレッジ」とは?

D60_a7720

FXの魅力の一つに「レバレッジ(てこの原理)」を利用した取引システムがあり、自分の手元資金の最大25倍までの外貨を取引することが可能です。

外貨預金では自己資金が10万円の場合、10万円分の通貨しか買うことができません。しかし、FXでは自分の取引スタイルにあわせてレバレッジを設定することが可能で、自己資金10万円でレバレッジ10倍に設定すると100万円分の通貨を買うことができるわけです。もちろん、レバレッジが影響するのは取引量だけではなくレート変動にも表れます。例えば、「銭(1円より細かい単位)の為替変動で○万円の損益が…」ということもあるわけです。

そのため、まとまった資金が無い状態でも外貨取引に参加することができ、さらに、上手く取引を行なえば少額の資金で大きな利益を生むことが可能なことから、サラリーマンや主婦を中心にFXに人気が集まっています。

さて、このFX人気に拍車をかけたレバレッジですが、FXが解禁された1998年当時は特段制限がありませんでした。そのため、「レバレッジ400倍!」を売りにした業者も登場するなど熱を帯びていたのですが、「高レバレッジによって財産を失った」「自己破産した」など失敗談も多く聞かれるようになり、問題視した金融庁では過当投機や投資家の保護を理由にレバレッジ規制に乗り出すこととなります。

そして、2010年に規制の第一弾としてレバレッジ最大50倍までという制限が設けられ、2011年にはレバレッジ最大25倍までとさらに厳しい規制内容となり現在に至っています。

確かに、レバレッジ1倍では1円の相場変動における損益は微々たるものですが、レバレッジが10倍、20倍と大きくなると、相場変動における損益も10倍、20倍に膨れ上がりますから、個人投資家を保護するには有効な規制であるとの声も聞かれます。

しかし、高レバレッジで運用できないわけではなく法人口座はこの規制の対象外となります。この法人口座の運用についてはFX業者によって異なるのですが、高レバレッジで運用したいがために法人登記を行い口座を開設する人もいるわけです。

余談となりますが、法人の場合は設立費用・税務処理に関わる費用(顧問税理士代)など、手間と労力がかかりますので投資で生活するプロの領域とも言えるでしょう。

このようにレバレッジはFXを行う上で必須のワードとなるわけですが、高いレバレッジになればなるほど0.1円と言う小さなレート変動で大きな損益が発生することになります。つまり、高レバレッジはハイリスク・ハイリターンの世界ですから、初心者の方は取引に慣れるまではレバレッジを低く設定されることをお勧めします。

ズバリわかる! FXチャートの読み方・使い方基本的なローソク足の見方からシグナルの見方までカラーで非常にわかりやすく解説しており初心者向きと言えます。amazonでチェック
田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニックFXをスイングトレードで一定期間やっているがなかなか利益を出すことができない方への投資哲学を指南している一冊。特に、損切について深く解説しているのが参考になります。amazonでチェック
FX 5分足スキャルピング(ボブ・ボルマン)斬新さはないものの安定したトレードを求める方に適した一冊。ただし、内容はある程度FXで収益を上げている中級者向けに書かれています。値段は少々高めですが、幅広いユーザーに支持されています。amazonでチェック
実践FXトレーディング(イゴール・トシュチャコフ)ファンダメンタルズは一切使用せずチャートに特化した一冊。特に各世界時間ごとの戦略理論やチャート形成例は非常に参考になりますが、用語の解説が少ないため中級者・上級者向きと言えます。amazonでチェック
ラリー・ウィリアムズの短期売買法 改定第2版価格は高いですが、さまなさまな傾向を徹底的に調べ上げ読者満足度が高いことでも有名なラリー・ウィリアムズ。短期的ではなく確実に収益を上げていきたい方におすすめする一冊です。amazonでチェック

関連記事

ページ上部へ戻る