はじめてのFX 「証拠金」はいくら入金すればいいの?

l_031

「さぁ、いよいよFXをしよう!」と口座を開設したとき、最初に「証拠金」の入金を求められます。しかし、「証拠金」とはいったいどのようなものなのでしょうか? 今回はFX取引の基礎となる証拠金について解説していきましょう。

まず、証拠金とはわかりやすく言うと「担保」のことです。

通常、日本円を外貨に換金するときは手持ちの現金分しか換金することはできません。例えば、1万円をドルに換金するとき、レートが1ドル100円であれば100ドル分しか換金することができませんよね。

一方、FXの取引では1万円に10倍のレバレッジ(解説「レバレッジとは?」)を効かせれば取引可能額が10万円に膨れ上がります。ここが、持っている現金を外貨に換金するだけの「両替」と、担保として運用する「FX証拠金取引」の大きな違いになるわけです。

このように聞くとレバレッジを効かせる取引に魅力を感じる方も多いかもしれません。しかし、高レバレッジになればなるほど証拠金の残高も大きく変動します。

例えば、低レバレッジであれば1円のレート変動でようやく1万円の損益が出る取引も、高レバレッジになればたった0.1円の為替レートの変動で1万円の損益になるほどレバレッジに比例してその影響力は大きくなります。このあたりのリスクも考えてレバレッジの設定が必要になってきます。

さて、口座を開設したとき一体いくら入金すれば良いのでしょう?

このあたりはFX業者によって異なります。

「最低5万円入金」と最低入金額を提示している業者もあれば「入金額はお任せ」と制限がない業者もあります。そのため投資の懐事情に左右されますが、証拠金が多くなればなるほど取引できる通貨量も増えますし、証拠金不足によるロスカット(強制的に決済させられること)も避けられますから余裕をもった入金とレバレッジ設定をおすすめします。

「では、具体的な金額は?」

ここが気になるところではないでしょうか? 実際、懐事情の厳し人は数千円という金額から取引することも可能ですので「ちょっとFXをやってみよう」と軽い気持ちで参加する投資家も大勢います。一方、「貯金が300万円あって単に預けておくだけ」と高利(スワップポイント)目的とした投資家もいますので明確なことは言えません。ただ、中長期の売買益を目的とした取引であれば10-50万円の証拠金でレバレッジ5-10倍程度で始めるのが感覚的には良いかもしれません。

『命の金には手をつけるな』

相場には昔から「命の金には手をつけるな」と言う格言があります。”命の金”とは家賃・食費など生活していく上で絶対に必要なお金のことです。さらに、このお金に手を出して損が出たからと言って借金をしてまで取引をするなという意味です。

一度、損が出ると取り戻そうとさらに相場にのめり込むのが投資家の心理です。しかし、損を取り戻そうと必死になっているときほど冷静さを見失って、負のスパイラルに陥る危険があるのです。そのため、投資をするときは損をしても痛手が少ない余裕資金で行うことを勧めている格言です。

ズバリわかる! FXチャートの読み方・使い方基本的なローソク足の見方からシグナルの見方までカラーで非常にわかりやすく解説しており初心者向きと言えます。amazonでチェック
田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニックFXをスイングトレードで一定期間やっているがなかなか利益を出すことができない方への投資哲学を指南している一冊。特に、損切について深く解説しているのが参考になります。amazonでチェック
FX 5分足スキャルピング(ボブ・ボルマン)斬新さはないものの安定したトレードを求める方に適した一冊。ただし、内容はある程度FXで収益を上げている中級者向けに書かれています。値段は少々高めですが、幅広いユーザーに支持されています。amazonでチェック
実践FXトレーディング(イゴール・トシュチャコフ)ファンダメンタルズは一切使用せずチャートに特化した一冊。特に各世界時間ごとの戦略理論やチャート形成例は非常に参考になりますが、用語の解説が少ないため中級者・上級者向きと言えます。amazonでチェック
ラリー・ウィリアムズの短期売買法 改定第2版価格は高いですが、さまなさまな傾向を徹底的に調べ上げ読者満足度が高いことでも有名なラリー・ウィリアムズ。短期的ではなく確実に収益を上げていきたい方におすすめする一冊です。amazonでチェック

関連記事

ページ上部へ戻る